お問い合わせ

株式会社アイキューブテクノロジ(あいきゅーぶてくのろじ)

愛知県名古屋市/画像処理装置の開発設計・製造・販売

株式会社アイキューブテクノロジの特長

特長その1:画像処理装置「SC+」オープンアーキテクチャの画像処理装置である「SC+」を応用開発した装置の開発が可能です。小型・高速高機能・低価格を実現した「SC+」は、1台で、撮像・画像処理・判断・表示までをカバー。独自のプログラムをダウンロードすることで、さまざまな機能が実装できます。外観検査、位置決めアライメント、計測、文字、二次元コード認識,ロボット制御、自動化システムなどお客様装置へのご要望に応えたカスタマイズ設計、製造も承ります。

特長その2:自動化システム提案自社開発画像処理装置「SC+」を応用開発して,自動化システムの装置開発が実現できます。
ロボット制御(物体認識や位置決めなどの二次元画像処理)、二次元バーコード、文字、キズなどの認識プログラムの開発を行うことができ、需要に合った自動化システムの提案致します。現在、独自開発したデモ機がありますのでお問い合わせください。

特長その3:経験豊富なエンジニアによる開発現場ソフト、ハード、FPGA、メカ、ケースの各分野で経験豊富なエンジニアが常駐しています。
高速ロジック/組込OS/アプリケーションソフト/メカ,モータ制御/高速インターフェイス/樹脂ケース/低コスト組立提案などのコンシューマ系組込システムへの開発量産経験があります。

代表取締役からのメッセージ豊富な開発経験を持つ設計スタッフの常駐により、マイコン組込機器の開発・設計・試作・評価・量産までを請負型にて行うことで,システム開発から製造サポートまでを自社内ワンストップで実現可能です。
ソフトウエア/ハードウエア/FPGA/メカ/ケースなど各設計業務の提案と,パソコン周辺のコンシューマ系機器のプリンタなど「紙」を扱う装置開発に実績があります。また自社製品として、2013年より「画像処理機能内蔵カメラ SC+」を開発販売しています。
この製品のコンセプトは、装置組込に最適な小型・高速高機能・低価格・パソコンレスで、装置開発/販売/OEMも実施しており、更に拡張してマシンビジョン・ロボットビジョンの様な自動化システムへのご提案も致します。

代表取締役 今井嘉之

設立 1999年12月
資本金 2,000万円
従業員数 16名
事業内容  画像処理装置の開発設計・製造・販売
URL http://www.i-cube-tech.co.jp/
TEL/FAX 052-251-9080 / 052-251-9081
MAIL info@i-cube-tech.co.jp

商品紹介

商品1:500万画素カラーローリングシャッター画像処理機能内蔵カメラ SC+C301
(Ultra Small Image Processing Device SC+C301)
FPGA高速画像処理ライブラリ内蔵、用途に合わせて自由にプログラムができ、PoE(Power over Ethernet)に対応しています。

商品2:スカラーロボット・二次元ロボットピッキングシステム物体を登録することで,検出・回転角度演算・ロボット位置制御・ピッキング・トレーへ整列配置までを実行し,二次元バーコードや文字認識などの複合処理も可能です。
対象を登録することで,検出・回転角度演算・ロボット位置制御 ・ピッキング・トレーへ整列配置までを実行し,二次元バーコードや文字認識などの複合処理も可能です。

商品3:3軸位置決めアライメント装置(XYθ軸ロボット制御)SC+を2CH実装した位置決めアライメント装置です。高精度を必要とする液晶パネルやタッチパネル貼付などに最適です。
自動キャリブレーション(特許申請中)機能を実装しておりますので,操作も簡単です。

KOMAPASSページはこちら TTPPはこちら 企業案内PDFはこちら
ページの先頭へ戻る