お問い合わせ

加茂精工株式会社(かもせいこう)

愛知県豊田市|精密減速機(ボール減速機)などの開発・製造販売

加茂精工株式会社の特長

特長その1:装置設計者のアイデアを具現化させる、ユニークな伝導エレメントメーカー加茂精工(株)は「開発型ものづくり企業」として創業34年間一貫して、機械設計者の設計上の課題を解決するユニークな製品を創り続けています。 最大の特徴は精密な制御に求められるバックラッシの解消。 TCGローラピニオンシステム、ボール減速機はその代表製品群です。 ユーザーの皆様の個別仕様要求にも柔軟に対応しながら、設計者の課題解決をサポートするメーカーです。

特長その2:ユニークな製品群や企業姿勢は好評価、表彰いただいています第2回ものづくり日本大賞の製品・技術開発部門優秀賞(内閣総理大臣表彰)やグッドデザイン賞の受賞、経済産業省中小企業庁の「元気なモノ作り中小企業300社」に選出されるなど、多くの評価・表彰をいただいています。これからもそれぞれの市場の設計者の皆さまに待ち望まれる製品開発を精力的に進めてまいります。  

特長その3:積極的な海外展開現在、本拠地の日本から特にASEAN域への拡販体制を強化しようとしています。その際の重要なポリシーがローカル主導の販売体制。多様言語や文化、価値観や商習慣などを十分理解したローカルの信頼できる代理店様の販売能力とマーケティング戦略と調和しながらより多くの皆様に、当社製品をご利用いただけるよう一層注力して参ります。

代表取締役社長からのメッセージ「創意」という経営理念を持つ加茂精工株式会社は、製品のすべてを自社で開発しています。「独創のものづくり」に徹してお客様に満足いただき、社員を幸福にするため、真摯に「ものづくり」に取り組んでいます。

ものづくりの細密化・高集積化が進む昨今、より高い制御技術が製造装置に求められています。多様な製造装置や製造工程装置には、動作制御の骨格となるギア機構や周辺制御機構が必要になります。加茂精工では他社の真似ではなく、「独自で発想・開発」して、世界12ヶ国で特許を取得し、世界中で高い評価を受けています。
代表取締役社長 今瀬 玄太

設立 1980年10月
資本金 8,500万円
従業員数 65名
事業内容  トロコイドカムギア、リング等の直動、回転制御用機械エレメントや精密減速機(ボール減速機)などの開発・製造販売
URL http://www.kamo.co.jp/jp/
TEL/FAX 0565-76-0029 / 0565-76-0023
MAIL market@kamo.co.jp


商品紹介

商品1:TCGローラーピニオンシステム
TCGカムラック(ノンバックラッシ・低発塵・低騒音)
直線上にトロコイド歯形を配置した高性能ラックは、歯面と転がり接触となるローラーを設けたピ二オンを組み合わせることにより、完全転がりによる回転・直線運動を実現し、ノンバックラッシュで高精度な位置決めと軽快な運動性能を可能にします。継足し治具を用いることで数十メートルもの長尺装置でもその能力を発揮します。

商品2:TCGローラーピニオンシステム
TCGカムリング(ノンバックラッシ・低発塵・低騒音)
トロコイド歯形を円周に配置した高性能ギア。歯面を、転がり接触となるローラーを設けたピ二オンと組み合わせる事により、完全転がりによる運動伝達を実現。ノンバックラッシで高精度な位置決めと軽快な回転伝達を可能にします。自由な分割サイズを設定できますので、装置の設計にあった曲線駆動軌道を実現させます。継足し治具を用いることで大口径のリングも製作可能です。

商品3:精密減速機(ノンバックラッシボール減速機)
ボール減速機は全シリーズ ノンバックラッシュを実現し、精密な位置決めを可能にします。世界初のボール減速機BRシリーズをはじめ、高減速比型、薄型、直交型、出力軸ラジアル荷重強化型などを用意しています。

商品4:インデックス(PISシリーズ/PDBシリーズ)
等分割出回転を行うアクチュエーターは、コンパクトで使いやすく、装置仕様により電動タイプと空圧タイプを用意しています。基本形となるMDはエアーシリンダの感覚で使用可能な、回転軸タイプの空圧式間欠割出機器です。内部のカム機構により確実な位置決めが可能。本体外形が小さく、駆動部の省スペース化に貢献できます。簡易な機構設計の為現場でのメンテナスも容易です。

商品5:インデックス(MDシリーズ、MTシリーズ)

KOMAPASSページはこちら TTPPはこちら 企業案内PDFはこちら
ページの先頭へ戻る