お問い合わせ

株式会社金子製作所(かねこせいさくしょ)

埼玉県さいたま市|光学部品の切削加工及び組立

株式会社金子製作所

特長その1:幅広い事業展開「医療機器部品(内視鏡、循環器系部品)」
先端部人体内接触部品、高精度光学部品、操作部部品の加工から完成品まで幅広く行っています。

「機械加工」
マシニング加工、旋盤複合加工、研削を使い分け、難削材チタン、インコネル、ニッケル、セラミックスなど材質を選ばず品質重視で加工を行います。お客様の製品実現の為、独自の加工技術研究を行っています。

「ロウ付け」
複雑な部品のロウ付けにも専用治具を製作して対応致します。
組立:接着、圧入、カシメから光学部品のラッピング組み立てまで幅広く対応、極小部品の組立も、実態顕微鏡を使用し対応。 設計、技術文書作成:CATIA5 など最新CADの設備も有し、専門部署にてお客様の要求を100%満たす作業手順書等を作成します。

特長その2:金子製作所製品の革新性、優位性弊社は最新技術の5軸加工技術やCADを用いたCATIA V5などを導入し、金属、樹脂、チタンなどの難切削材料、セラミック等の材料に問わず加工ノウハウを活かし、高精度活、品質重視で安定した品質と納期で安定した部品提供をご提供。また、手作業による仕上げ加工など熟練された技術者による製品の加工技術は弊社の強みでもあり、部品にバリひとつない高精度精密部品を提供します。

特長その3:高度切削技術と職人技のものづくり 軽・薄・短・小+難(難作業・難削材)を得意としており、他社には真似することのできない技術を所有しています。ゴマ粒位の大きさの複雑形状部品、1000分台の厳しい公差、滑らかな作動組立、人体に入っても影響のない安全な部品加工を実現。この技術力の高さは、2004年に取得した品質に関する国際規格「ISO 9001」や航空宇宙品質規格「JIS Q 9100」からも証明することができ、さらに他の部品加工メーカーと差別化を図るため、2006年に薬事法に基づく医療機器製造許可を取得。現在は医療機器部品の技術加工をベースとし、海外展開も積極的に行っています。

代表取締役社長からのメッセージ1956年の創立以来、一貫して切削技術の高度化にチャレンジしております。光学機器部品の加工技術をベースに内視鏡、循環器用部品などの医療機器部品から、航空機部品へと、より困難な加工技術に挑戦し、高精度切削技術のオンリーワン化を図ってきました。 光学機器、医療機器、宇宙・航空機分野の部品加工においてその技術の高信頼性に加え、人の命に係わる部品を数多く扱っていることから 安心・安全の点においても国内外のクライアントから高い評価をいただいています。精密切削の部品加工から組立作業の完成品まで数量に関係なく、安定した品質のお届けをお約束いたします。

代表取締役社長 金子 晴房

設立 1955年3月
資本金 1,687万円
従業員数 83名
事業内容  医療機器部品、航空・宇宙産業部品、航空機エンジン部品、光学部品の切削加工及び組立
URL http://www.t-kaneko.co.jp/
TEL/FAX 048-794-8111 / 048-794-8117
MAIL info@t-kaneko.co.jp


商品紹介

商品1:内視鏡先端部品 材質ステンレス、直径3mm-13.5mm 複雑形状、厳しい公差、滑らかな作動組立、人体内に入っても安全であるよう全て手作業によるバリ無部品を実現。

商品2:内視鏡先端部品 医療用内視鏡先端部品: 0.3mmで樹脂材料が透けて見える程の薄肉加工仕上げ、成型部品のような外見を実現。他にも薄さ0.15mmやゴマ粒位の小部品など、他社には真似することのできない弊社独自の切削加工技術で不可能を可能にします。

商品3:光学部品 難削材、セラミックスなど材質を選ばず品質重視で部品加工を行います。

商品4:試作品、精密加工部品 個数に関係なく試作一つから量産まで 安定した品質、納期、価格で提供致します。

商品5:航空機部品 ジェットエンジン油圧計部品、機体構造、その他主要部品を加工しております。加工が難しい難削材(チタン、インコネル)などの金属加工が可能です。

商品6:循環器科系部品 薄・小・難 精密加工技術を活かし、循環器機系部品の提供にも力を入れております。

KOMAPASSページはこちら TTPPはこちら 企業案内PDFはこちら
ページの先頭へ戻る