お問い合わせ

システムセイコー株式会社(しすてむせいこー)

群馬県高崎市|半導体製造装置、接触型・非接触型歯車検査装置

システムセイコー株式会社の特長

特長その1:最新鋭設備と高度な加工技術 半導体業界での展開経験により、超精密な金型部品(超硬合金・セラミックス)や特殊樹脂(帯電防止樹脂)など、樹脂・アルミのような柔かい材料から普通鋼材、硬い超硬合金まで、さまざまな材料の高精度部品加工が可能です。

特長その2:最新技術での高精度部品可能 金型製作で得た技術と共に、最新鋭加工機と高度な加工技術によるミクロンオーダーの部品にも、鋼材は勿論、特殊樹脂・アルミのミクロン単位の高精度部品を得意としてます。

特長その3:お客様に合った設備、装置の提案が可能長年培った技術により提案型の設備・部品加工の提供が可能です。検査装置も画像処理を応用して部品の傷、打痕を検査選別する検査装置を設置。歯車検査装置は従来の接触型を新開発により、非接触型検査装置の販売開始します。

また、半導体業界で培った知識と経験を活かし、提案型の設計・製作行います。依頼を受けたの仕様から設備(製造装置等)の設計・製作することを得意としています。自動車業界にも設備(搬送装置や検査装置)導入経験があり、様々な業界にも対応ができると自信を持っています。昨近、リコール問題や製品の品質が問題となっていますが、半導体業界で行っていた製品(半導体)の全数検査を製造ラインに導入しているため、これらの経験を活かし、幅広い分野への自動化された検査システムの提案をして行きたいと考えています。
実績としては、歯車検査装置(接触式)を開発・導入。自動車関連業界より高い評価をいただいていいます。新たに非接触型の歯車検査装置も開発しました。この検査装置はシャフトやカムの検査にも応用可能です。

代表取締役からのメッセージ1990年創業の半導体製造装置及び精密機械部品を国内の半導体製造メーカー・製造装置メーカーを中心に事業展開しています。最近は国内の半導体業界の低迷と共に、半導体製造装置で培った技術を生かし自動車業界向けに歯車検査装置・省力自動機械や自動車部品の検査装置を製造しています。製作台数の少ない特注の機械にも対応しています。
また、すぐれた「ものづくり」のため、設備投資と人材育成に力を入れており、常に最新の機械をととのえ、それを十分に使いこなせる技術者を育てています。「マンマシン」とは、人材力(マン)と設備力(マシン)の調和にほかなりません。

設立 1990年5月
資本金 1,000万円
従業員数 45名
事業内容  ■半導体製造装置(テスターハンドラー・レーザーマーク機 他)
■接触型・非接触型歯車検査装置
■省力自動機械設計製造(自動車部品搬送装置・画像認識部品外観検査装置)
URL http://www.system-seiko.co.jp/
TEL/FAX 027-373-2625 / 027-373-2645
MAIL hosono@system-seiko.co.jp


商品紹介

商品1:非接触歯車検査装置
この検査機は歯車のピッチ検査の検査装置です。従来機の接触型よりも精度向上が図れました。

商品2:半導体用テスターハンドラー
半導体向けテスターハンドラー装置 過去委託生産を含め500台以上の実績を持っており、お客様から高い評価を頂いております。

商品3:半導体用レーザーマーク

商品4:自動車部品外観検査装置

商品5:精密機械部品加工
精密機械部品 柔かい材質から超硬合金までミクロンオーダーの精度でお届けしております。

商品6:特殊樹脂部品加工

KOMAPASSページはこちら TTPPはこちら 企業案内PDFはこちら
ページの先頭へ戻る