お問い合わせ

吉田刃物株式会社(よしだはもの)

佐賀県多久市|刃物全般製造、販売

吉田刃物株式会社の特長

特長その1:別注、特注の各国の実情にあった製品の少量からの生産 炭素鋼(青紙、SUJ,,SK,SKD)、ステンレス鋼(V金10、8A)、粉末合金鋼(ZDP189)などあらゆる材質の刃物を取り扱うことができます。また、鍬、鎌、包丁、鋏、機械用刃物等多種な刃物を製作しておりますので、お客様のニーズに合わせた商品を考案、製作できます。

特長その2:一貫生産によるスピーディな展開 材料選定からの一貫生産で効率的且つスピーディーに生産、開発が行なえます。

特長その3:熟練の職人による鍛造、仕上げ鍛造 工程では、熟練の工員が大型鍛造機 やベルトハンマーで1丁1丁ハガネを叩き鍛えてねばり強い商品へ成形します。研磨、仕上げ工程では熟練の研ぎ師が、商品に応じて3段階から6段階までの研磨刃付け・調整を行ない、最終仕上げを行います。慶長年間にまでさかのぼる佐賀刃物の高度な技術や伝統を継承する技術。お試しください。

代表取締役からのメッセージ製造工程が多い製品作りのなか、社内での一貫生産を基本として1946年創業から実用本位を旨に刃物生産に必要な技術を積み重ね時代の要求に合わせてきました。ここ10年は、日本製刃物の特筆した優秀性が広く一般の人に認知されるようになり、北米、EUで包丁の販売が盛んになりました弊社もインターネットでの少量受注や商社を通じての園芸用刃物の生産も行っています。

事業内容は、「GK部門(一般刃物)」「IK部門(工業刃物)」「中国子会社部門」の売り上げ30%つつ3部門に分かれています。「GK一般刃物」は鎌、鍬、包丁、鋏と多品目でOEM90%で日本全国地域の量販店に納入しており、「IK(機械刃物)」はOEM50%、工場直接販売50%で、現在の主力は木材、プラスチック、サトウキビの粉砕用刃の生産です。「GK部門」は圧延、鍛造などの塑性加工を主力にしますが「IK部門」は銅ろう付けの一品加工を主力としています。 1990年から進出の「中国子会社」は95%を本社輸入、5%を国内販売とし主力は鍬の生産を行っています。

代表取締役 吉田 健司

設立 1970年10月
資本金 3,200万円
従業員数 31名
事業内容  刃物全般製造、販売
URL http://www.hanamatsuri.co.jp/
TEL/FAX 0952-76-3867 / 0952-76-4126
MAIL o-yoshida@beach.ocn.ne.jp


商品紹介

商品1:ZDP189 黒打三徳包丁170mm紫檀栗型柄125mm
品番:ZDP-001
刃渡り:170mm
刃材質:刀身 ZDP-189とSUS410の3層鋼
板厚:2.1mm
ハンドル長:125mm
ハンドル材質:紫檀
重量(NET):150g

特長
1.日本製
2.刃先材料に高級粉末鋼合金鋼のZDP-189を使用 
3.刃先硬度HRC63以上 
4.抜群の切れ味で耐摩耗性にも優れており長切れする。
その他にも、家庭用、プロ用、業務用等、様々な種類の包丁を製作しています。 切味、使いやすさを追求し商品製作、開発を行なっています。

商品2:ねじり鎌(鋼付)
品番:J101
刃渡り:125mm
刃材質:SK-5
ハンドル長:260mm
ハンドル材質:椎
入数:20丁×小箱3
重量(NET):0.2kg

特長
1.45年間、製造、販売実績
2.日本製
3.切れ味抜群、HRC硬度58~60
4.お庭のお手入れに最適
5.OEM可
片手で除草、開墾等の作業を行なう為の道具。代表作のねじり鎌を含め、使いやすさ、切味、丈夫さ、を追求し商品製作、開発を行なっています。

商品3:1軸式粉砕機用固定刃
粉砕機用回転刃をはじめ、1軸破砕機用回転刃やチッパーナイフなどを提供しております。単品から対応が可能で、試作も承っております。また、形状の複雑な製品なども得意としており、さらに、多品種少量生産により、お客様のご要望に柔軟にお応えすることができます。

商品4:腰鉈180mm(両刃)樫柄付 鞘付
品番:344
刃渡り:170mm
硬度:HRC60
ハンドル長:210mm
ハンドル材質:樫 
重量(NET):800g
山林や庭木の枝打ち、調木、木割、薪割りの道具。
重量、刃の長さ等の種類があります。

KOMAPASSページはこちら TTPPはこちら 企業案内PDFはこちら
ページの先頭へ戻る